日本に陰陽道をもたらした「帰化人」たち

  星を五行の理で読み解き、暦を組んだり占いを行って吉凶を判断したりと、自然に日本人の社会に行き渡っている「陰陽道」が国内で確立したのは平安時代になってからです。 それ以前は土着的な  

人はなぜ死ぬと神様になるのか

日本の宗教、神道では神社にご祭神をお祀りしています。 「神社」「大社」「神宮」「宮」など呼び名はさまざまですが、近代社格制度が廃止になった今、すべての施設は神社のひとつという認識で問題ありま