陰陽師

人はなぜ死ぬと神様になるのか

日本の宗教、神道では神社にご祭神をお祀りしています。 「神社」「大社」「神宮」「宮」など呼び名はさまざまですが、近代社格制度が廃止になった今、すべての施設は神社のひとつという認識で問題ありま  

陰陽道と日本人の死生観について

  死は「穢れ」であり、陰陽五行では土、五黄土気に象徴されます。 すべての季節、そして、土気以外の4つの気をつなぐ役割を担い、繁栄した異なる気を終息させ、次の季節に引き継がせる「死」  

陰陽道における北斗七星の名称・呼び分け

  文明社会が生まれてから、人類にとって星座はあらゆる座標を定めるための指針として運用されてきました。 とりわけ重要視されたのが「北斗七星」です。 祭祀や、農作業のはじめ時を表すの