陰陽師

京の野菜

京都と云えば伏見稲荷から沢山の魅力がありますが,野菜もとても有名で、今の季節では千枚漬けの材料となる大根(聖護院大根•辛味大根)ナス(賀茂ナス)ネギ(九条ネギ)とうがらし(伏見トウガラシ•万願寺とうが  

京の名の通り

まるたけえびすにこしおいけ あねさんろっかくたこにしき しあやぶったかまつまんごじょう せったちゃらちゃらうおのたな ろくじょうさんてつとおりすぎ ひっちょうこえればはっくじょう じ  

六曜日(六輝)

六輝(ろっき)とは六曜と云い、先勝•友引•先負•仏滅•大安•赤口のことです。どなたも一度は目にしたことがあると思います。では、意味は?と云うと少し解らないこともあると思いますので、簡単に説明致します。  

暦の種類

陰陽師に必要不可欠なのが暦を紐解くことです。ここで暦の種類を幾つか紹介します。 オーマル案(1079年) 四年毎に一つ閏日を置き32年目の閏年を翌年にもっていき、一年の平均日数を365日2424  

方位

陰陽五行説において西の方位は金を指します。日本のお伽話で桃太郎の話がありますが、その中で桃太郎を知らない方はあまりいないと思います。この方位の話では陰陽五行説に基づき桃太郎でのお伽話をもとに西の方位の