陰陽道と日本人の死生観について

  死は「穢れ」であり、陰陽五行では土、五黄土気に象徴されます。 すべての季節、そして、土気以外の4つの気をつなぐ役割を担い、繁栄した異なる気を終息させ、次の季節に引き継がせる「死」  

陰陽道における北斗七星の名称・呼び分け

  文明社会が生まれてから、人類にとって星座はあらゆる座標を定めるための指針として運用されてきました。 とりわけ重要視されたのが「北斗七星」です。 祭祀や、農作業のはじめ時を表すの  

「赤」が持つ意味とは

万物の転変を占う陰陽道の見地に立つと、日常にあふれる色彩にも重要な意味が付随します。 「青」「赤」「黄」3原色に反転する無彩色「白」「黒」を加えた5色が、陰陽五行に配当された「5色」です。