八朔

旧暦8月1日は八朔(はっさく)と云い、この日行われる行事は全国様々であります。鳥取地方では[鳥追い]といって(ホウタイマイ)やホウタイマエイと声をあげて田んぼのあぜ道を歩いたり、全国各地でお祭りが行われています。陰陽道では八朔札をを漆の木で薬草を塗り、お札を造り宮中に収める儀式もありました。それは次の季節に備えるための準備や法術による対策にも行われました。それほど季節の変わり目は陰陽師(陰陽道)にとってとても重要な時期でもあります。