京の名の通り

まるたけえびすにこしおいけ あねさんろっかくたこにしき

しあやぶったかまつまんごじょう せったちゃらちゃらうおのたな

ろくじょうさんてつとおりすぎ ひっちょうこえればはっくじょう

じゅうじょうとうじでとどめさす

この言葉は迷子にならないように京都の複雑な通りのおぼえ唄です。知ってるかたもいると思いますが、簡単に説明します。

この唄のフレーズの順に、丸太町、竹屋町、夷川、二条、押小路、御池、姉小路、三条、六角、蛸薬師、錦小路、四条、綾小路、仏光寺、高辻、松原、万寿寺、五条、雪駄屋町、魚の棚、六条、三哲、七条、八条、九条、十条の通りです。

また、他の道のおぼえ唄もあります。

てらごこふやとみやなぎさかい たかあいひがしくるまやちょう

からすりょうがえむろごろも しんまちかまんざにしおがわ

あぶらさめがいでほりかわのみず よしやいのくろおおみやへ

まつひぐらしにちえこういん じょうふくせんぼんさてはにしじん

順番は寺町、後幸町、不屋町、富小路、柳馬場、堺町、高倉、間之町、東洞院、車屋町、烏丸、両替町、室町、衣棚、新町、釜座、西洞院、小川、油小路、醒ヶ井、堀川、葭屋町、猪熊、黒門、大宮、松屋町、日暮、智恵光院、浄福寺、千本となります。

京都の町は歩くだけで様々な発見や陰陽師の故郷として沢山紐解くことができる町です。

唄もおぼえて歩いてみてください。