陰陽師が操る陰陽五行と十干、十二支の相違と循環

陰陽師が操る陰陽五行と十干、十二支の相違と循環
 

ね(子)・うし(丑)・とら(寅)・う(卯)・たつ(辰)・み(巳)・うま(午)・ひつじ(未)・さる(申)・とり(酉)・いぬ(戌)・い(亥)の十二支は日本に深く浸透した観念です。
 

初対面の相手とコミュニケーションを取る際、相手を知る手がかりとして「何年生まれですか?」などと話しかける方も多いでしょう。
日本では干支と言えば十二支を意味すると思われていますが、厳密には干支と十二支は少々違うものです。
 

この相違を知るにはまず、陰陽師の運用する陰陽五行の成り立ちと日本における十二支の発生から理解しなければなりません。

 

五行の成り立ちと干支、十干と十二支

陰陽師が担った陰陽道の学問である陰陽五行は自然現象を系統立てて理解するために確立した、いわば科学です。
その理論は始原の「混沌」から「陰陽」へ、そこから陰陽師が原理を操る「五行」へ。「十干」へ。さらに「十二支」へと転じました。
 

数字で示すと1から2、2から5、5から10、10から12という変転です。
奇数から偶数へ、偶数から奇数、さらに偶数へ。
そこからまた倍数にも一致しない10から12へという意向がどのように行われたのか、ここに陰陽師の提唱する陰陽五行理論の日本における独特の粋が詰め込まれています。
 

1から2への移行は細胞分裂のようなものです。
しかし、これでは自然現象の解読には及びません。そこで季節を併せて五行と十干へ発展させ、そこから天文を読み合わせて十二支へ転じたわけです。
 

木、火、土、金、水の五行を兄弟(えと)に分けて甲(きのえ:木の兄)、乙(きのと:木の弟)、丙(ひのえ:火の兄)、丁(ひのと:火の弟)、戊(つちのえ:土の兄)、己(つちのと:土の弟)、庚(かのえ:金の兄)、辛(かのと:金の弟)、壬(みずのえ:水の兄)、癸(みずのと:水の弟)の十干を成しました。

 

しかしこれでも空を見上げれば世界との符丁は完全ではなく、さらに天体、特に木星の運行を読み合わせて配置した十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)と掛け合わせて60年周期の干支を完成させたのです。
 

「甲子」から始まり「癸亥」で終わる周期表を「干支(えと)」と呼びます。
これが陰陽師の運用する陰陽五行と十干、そして十二支と干支の関係です。
 

少々入り組んだ構造ではありますが、起点から読み解けば順々にご理解いただけるのではないでしょうか。
 


ラスト陰陽師・橋本京明では法人・個人鑑定も行っております。
「陰陽師とは?→(http://www.last-onmyoji.jp/onmyoji/)」
「鑑定予約も受け付けております。(http://www.last-onmyoji.jp/appointment/)」


 

60歳で人は新たに生まれ直す

60歳で人は新たに生まれ直す
 

ここまでにご説明した通り、十二支は単独では12年で一巡しますが、天文と気学を考え合わせた総合的な思考回路では60年がひとつの帰結です。
人の一生では60歳が節目であり、新たな門出ということになります。
決してそこで人格が失われると言うようなものではありませんが、何かを始めたい、人生を変えたい、自分自身を変革したいと希望する方にとってはこれ以上ないタイミングです。
 

年齢で言えば「玄冬」となり、本来持つ色彩としては黒が配当されますが、節目を新たな門出として新たな生命力を取り込むために「赤いちゃんちゃんこ」などを用いる風習があります。
その効用は陽気発揚と生命力の賦活、生まれ直しの象徴などと見ていいでしょう。
 

他にも陽気発揚の色彩としては青も春の木気を象徴して効果的ですが、玄冬に対するにはより強い発揚の「赤」に惹かれるものです。
服装の一部や、あるいはインテリアカラーに取り入れる方法でも構いません。
家族やご自身にこの節目が訪れた時、ぜひこれを忘れずに行うようにしていただきたいと思います。